スキーの宿とレンタルスキーについて

バスで行くスキーツアー

スキーは荷物も多くて、ましてや雪道の運転は慣れていないことも多いのでバスのスキーツアーを利用する方が多いと思います。各種旅行会社がスキーツアーを出していますが、信州のルートは順にスキー場を回るという感じになっています。基本的には朝近場から遠いゲレンデの順、帰りは遠いゲレンデから近場へバスが動くので、そのバスのルートのなかでも近場のスキー場を選べば遠いゲレンデを選ぶよりも長い時間の滞在が可能となります。
ゲレンデにこだわりがなければ、バスのルート上の近場のスキー場の方が朝早くから、また終わった後のんびりもしくはナイターまで楽しめることが多いです。さて、朝早くから行くことの注意点があります。リフトの運行時間や、待機場所の問題です。リフトが動き始まるまでや、レンタルスキーのショップが空く時間まで待ちぼうけということもよくあります。
その辺の時間の兼ね合いも考慮しておいた方がいいです。また、コインロッカーや荷物の預かりについてです。着替えの度や、荷物を開けるたびにコインロッカーの料金がかかるというのも正直こまごま出費になります。宿泊の場合も荷物の預かりが何時からできるのか、また何度も出し入れ可能なコインロッカーのあるゲレンデもあるので、スキーツアーのパンフレットの情報は隅々まで見て検討するといいと思います。

スキーに行くなら事前調べ

スキーの宿は、正直このランクでこの値段するの?というようなところがかなり多いです。自然学校や部活の合宿のような食事内容のところでも基本スキーシーズンはかなり高いです。ゲレンデからの近さも重要だと思います。スキー終わった後最後滑ってきてそのままホテルだと楽ですが、慣れないスキー靴と、スキー板での長い距離の移動はそれだけで疲れてしまいます。スキーのパンフレットにのっているハイクラスな宿でも、時期を選べば安く行ける時期もあります。
ただスキーに行くという目的だけなら安くてもいいと思いますが慣れていないと(普通のホテルの感覚で選ぶと)びっくりすることが多々あるので少しでも良いクラスの宿に泊まった方ががっかりしなくて済むと思います。あと、意外な盲点なのですが、ホテルはゲレンデ目の前なのに、提携レンタルショップ(レンタル無料となっているツアーの提携先)が、ゲレンデや宿から遠いことがあります。
提携レンタルショップの地図は大抵別ページに載っているのでその宿でレンタル可能ならいいのですが、提携のレンタルショップまでの距離はちゃんと知っておくほうがいいと思います。また、基本的なことですがスキー場は山の斜面にありますのでレンタルショップまですぐだと思っていても結構急な上り坂だったりするのでできる限り近いところ、もしくはその施設内のレンタルショップで借りるのがおすすめです。

全プランリフト券付でレンタルや各種割引クーポン付です。 バスツアーから新幹線ツアーまで様々な地域の方に申し込んでいただけるプランを取り揃えています。 首都圏から朝・夜発バスで行ける格安スキー&スノボツアーです。 マイカープランは、宿泊+リフト券付を格安でご案内しています。 電話予約は、平日10時~19時、土日祝日10時~18時です。 スキーツアーをお探しなら専門店のこちらが一押しです

article list

2017/08/25
冬を満喫するならホテルやリフト券付きなスキーツアーがお得を更新しました。
2017/08/25
一人でスキーツアーに参加できるのかを更新しました。
2017/08/25
スキーツアーにおける注意事項を学ぶを更新しました。
2017/08/25
スキーツアーの申し込みについてを更新しました。